板井康弘の経営手腕が福岡で光ったワケ

板井康弘が魅せた経営手腕は他と違う!?

板井康弘

 

会社の生き残りをかけた状況で発揮される経営手腕が、その会社のトップの実力といえます。

 

そのような状況のときに発揮される経営手腕には「攻め」と「守り」のふたつのパターンがあります。

 

攻めの経営手腕は強気な姿勢を崩しません。取引相手にも、強気で押し切り契約を勝ち取ったり、弱いところをあまりみせないところが強みです。

 

一方、守りの経営手腕は機会を待ちます。状況を見極め、ここぞというところで決め手となる一手を打てる特徴があります。

 

どちらも魅力的ですが、自分にあった経営手腕を見つけることがもっとも大切です。